友愛の家

House of Friendship

友愛の広場とも言われる。国際大会または年次大会において、参加ロータリアンが自由に出入りして相互に交歓し友愛の実をあげる目的で設置される親睦の場所をいう。会場内、または会場の周囲に設置され、軽い飲み物等が無料で提供される。一面識もないロータリアンがこの広場で、お互いに肩をたたきあえる友人となることも珍しくはない。

▲ページ上部へ

郵便投票

Ballot-by-Mail

事情により必要のある場合、理事会は、地区に対しその地区の審議会代表議員または補欠議員を郵便投票によって選ぶことを認めている。(8.070.1.)
地区大会、地区決議会、またはRIBI地区審議会に立法案を提出する時間的余裕がない場合、ガバナーの実施する郵便投票を通じて地区内クラブの票決を求めることもできる。(7.030.)
郵便投票は、理事ノミニーの選出、ガバナーノミニーの選出、規定審議会代表議員および補欠議員の選出、さらに規定審議会提出立法案の地区における決定などで使用される場合がある。
  1. 理事ノミニーの郵便投票による選出
    12月1日までに、事務総長が対抗候補者の推薦と同意書を受理した場合、この対抗候補者と指名委員会の選出した候補者の中から1名の理事ノミニーを選ぶことは、第12.030.節に従って郵便投票で行われるものとする(RI細則12.020.20.)
  2. 郵便投票によるガバナーノミニーの選出
    地区は、ガバナーノミニーを(ガバナーとして就任する日の直前24カ月以上36カ月以内に)選出するものとするとき、必要とされる事情がある場合、もしくは理事会の許可を得た場合は、地区は、指名委員会の力を借りずに、ガバナーノミニーを郵便投票によって選ぶことができる(RI細則13.030.)
  3. 規定審議会代表議員または補欠議員の選出
    事情により必要のある場合、理事会は、地区に対しその地区の審議会代表議員または補欠議員を郵便投票によって選ぶことを認めている(RI細則8.070.1.)
  4. 規定審議会提出立法案の地区内クラブの承認
    地区大会(RIBIの場合は地区審議会)または地区決議会において、あるいは時間的余裕がない場合はガバナーの実施する郵便投票を通じて、地区内クラブに承認されたもの(RI細則7.020.、7.030.)
投票数については、各クラブは、少なくとも1票を投じる権利を有する。ただし、会員数25名を超えるクラブは、25名ごとに1票、端数が13名以上の場合、さらに1票の割合で投票権を有するものとする。この投票権の数は、投票の行われる期日に先立つ、直前の半期人頭分担金支払期日における会員数に基づくものとする。
国際ロータリーの加盟会員としての資格が停止されているいかなるクラブも、投票に参加する権利がないものとする。ガバナーは、本項に規定する郵便投票手続を実施することを目的とした委員会を任命することができる。
なお、郵便投票の詳細な規定についてはRI細則8.070.、12.020.9.、13.040.を参照のこと。

▲ページ上部へ

ユネスコ水教育研究所(UNESCO-IHE)

UNESCO-Institution for water Education

IHEは、International Institute for Hydraulic and Environmental Engineering。グローバル補助金の戦略パートナー。

▲ページ上部へ