定款

Constitution

ロータリー組織の基礎となる国際ロータリー定款、およびその加盟クラブ組織の基礎となるクラブ定款。
国際ロータリー定款は16条から成り、定義、名称および性格、国際ロータリーの目的、ロータリーの目的、会員、理事会、役員、管理、国際大会、規定審議会、会費、財団、会員の称号と徽章、細則、解釈の仕方、と改正の諸条項を規定している。
すべての加盟クラブは、この定款に抵触しないクラブ定款を採用しなければならないが、1922年以後に国際ロータリーに加盟したクラブは、標準ロータリークラブ定款を採用しなければならない。
標準クラブ定款は19条から成っており、定義、名称、クラブの所在地域、目的、五大奉仕部門、会合、会員身分、職業分類、出席、理事および役員、入会金および会費、会員身分の存続、地域社会、国家および国際問題、ロータリーの雑誌、ロータリーの目的の受諾と定款・細則の順守、仲裁および調停、細則、解釈の仕方、と改正の諸条項を規定している。国際ロータリーの定款もクラブの定款も、ともに規定審議会の議決によらなければ改正できない。ただし、定款第2条(名称)および第3条(所在地)は、定足数を満たした数の会員が出席した本クラブの例会においていつでも、すべての投票する出席会員の最低3分の2の賛成投票によって、改正することができる。但し、当該改正案の通告が、これを議する例会の10日前に、各会員に郵送されなければならない。そしてさらに、かかる改正は、国際ロータリー理事会に提出してその承認を求めなければならない。

▲ページ上部へ

定款及び細則の承認

Ratification of Constitution and Bylaws

国際ロータリー加盟認証状を与えられ、これを受理したクラブは、すべて、それによって国際ロータリーの定款及び細則ならびにその改正規定を受諾し、承認し、そして、法律に反しない限り、万事これによって拘束され、それらの規定を忠実に順守することを承諾するものとする。

▲ページ上部へ

定款細則委員会

Constitution and Bylaws Committee

国際ロータリー定款細則委員会の委員は、審議会の投票権を有しない議員で、審議会運営委員を務める。同委員会は、立法案の公表前にすべての立法案の趣旨と効果を検討し、これを承認するものとする。立法案の公表直後に、審議会議長は、立法案件を定款細則委員会の各委員に割り振るものとする。各定款細則委員は、自分に割り振られた立法案をすべて研究し、立法案の各案件の趣旨、背景、効果について、また、案件の欠陥について審議会に報告する準備をしなければならない。

▲ページ上部へ

提携クレジットカード

Affinity Credit Cards

提携クレジットカード、テレフォンカード、情報カード
国際ロータリーは世界各地で数多くの提携クレジットカードプログラム契約をむすんでいる。ロータリー財団に寄附をもたらすこれらの提携クレジットカードを所有することに関心にある場合は、ロータリーのウェブサイトを参照のこと。
国際ロータリーは、ロータリー組織が独自の提携クレジットカードプログラムに参加したり、この種のプログラムの契約をむすんだり、募金活動としてロータリー標章の付いた提携クレジットカードを提供することを許可していない。
国際ロータリーは、「ロータリー」「ロータリアン」「国際ロータリー」「ロータリー地区」などの文字、または徽章などの国際ロータリーの標章を使ったテレホンカードの使用または免許を許可しない。ロータリー組織は、募金活動としてロータリーの標章の付いたプリペイド・テレホンカードを提供することは許可されていない。
国際ロータリーは、ロータリーの標章が付されているかどうかにかかわりなく、ロータリークラブ、ロータリー地区、またはほかのロータリー組織のための情報カードが免許取得者によって販売されること、あるいは(国際ロータリー免許契約の定義通り)認可商品として販売されていることを承認しない。

▲ページ上部へ

提唱クラブ

Sponsor Club

IAC、RAC、ロータリー地域共同隊を結成し指導、助言の責任をもつロータリークラブのこと。新ロータリークラブの結成のときは、スポンサークラブといわれる。

▲ページ上部へ

定足数

Quorums

ロータリーにおいて決議を要する会議を成立させるのに必要な出席会員または議員・委員数。
  • クラブ年次総会、および決議を要する例会の定足数は会員総数の3分の1。
  • クラブ理事会の定足数は理事会メンバーの過半数。
  • 国際大会の定足数は加盟クラブ総数の10分の1を代表する代議員および委任状による代理者。
  • 規定審議会の定足数は投票権を有する審議会議員の2分の1。
  • 国際ロータリー理事会の定足数は理事会メンバーの過半数。
  • 国際ロータリー会長指名委員会の定足数は12名。
  • 国際ロータリー委員会の定足数は委員総数の過半数。
  • 財団管理委員会の定足数は管理委員会総数の過半数。

▲ページ上部へ

手続要覧(MOP)

Manual of Procedure

国際ロータリーに関する基本的事項を解説した方針や手続に関する参考書。本書は、国際ロータリー加盟全クラブの実際の経験に基づいたもので、3年ごとに開かれる規定審議会後に改訂される。
「ロータリー方針の手引き」(A Rotary Policy Reference Guide)と副題がついている。

▲ページ上部へ

転勤による長期の欠席

Extended Absence on Outposted Assignment

会員が転勤先で長期にわたって実際に業務に従事している場合、会員の所属クラブと転勤先の指定クラブ間の合意があれば、会員は、転勤先における指定クラブの例会への出席が所属クラブの出席の代わりとなる。

▲ページ上部へ

電話勧誘販売

Telemarketing

一般の人々に対する懇請を行う目的で、商業的な電話勧誘販売、インターネット・ウェブサイト管理会社、またはEメール関連会社を使う場合は、その目的と計画についてガバナーの承認を必要とし、資料配布に関する現行のロータリーの方針を順守し、ロータリー組織についての適切な表示や字句を含めなければならない。事務総長は、本方針に従っていないすべての地区のガバナーに対し、そのような活動を中止する措置を講ずるよう要請するものとする。引き続き本方針が守られない場合には、終結を含め、十分な理由による懲戒処分が取られる可能性を考慮し、国際ロータリー理事会へ報告される。

▲ページ上部へ