創始者

Founders of Rotary

1905年シカゴ市に最初のロータリークラブを創設したポール・P・ハリスを指す。彼は1947年1月27日死去した。彼とともに最初のロータリーの会合を持った人は仕立屋のハイラム・ショーレ、石炭商のガスターバス・ローア、鉱山技師のシルベスター・シールの3人で、ポール・ハリスを入れた4人を国際ロータリー創立4祖という。ポール・ハリスは弁護士であった。

▲ページ上部へ

相談役

Counselor

国際ロータリーが指名して地区研修・協議会等の会合に出席して会員の質問等に答える役をする人。通常ガバナーを勤めた人がなる。

▲ページ上部へ

掃討作戦

Mop-Up Campaign

標準的な監視活動によりポリオ感染の最後の地域が確認されたとき、その国で掃討作戦が行われる。この作戦によって、ウィルスがまだ潜伏していると思われる感染リスクの高い地域で、戸別訪問による予防接種が行われる。

▲ページ上部へ

創立会員

Charter Member

クラブの加盟が国際ロータリーから認証される前に会員として選ばれたロータリークラブの会員。

▲ページ上部へ

創立会員の最低人数

Minimum Number of Charter Members

新クラブは最低20名の創立会員を有していなければならない。創立会員の少なくとも50パーセントは、新クラブが創立される地元地域社会に居住または勤務している人でなければならない。

▲ページ上部へ

創立会員リスト

Charter List

新クラブ申請書の1部として提出する全創立正会員のリスト。新クラブ申請書には、各創立正会員の詳細な情報を記入することが義務付けられている。正会員のみを創立会員リストに記載する。(名誉会員リストはクラブによって管理される。)国際ロータリーは、無作為に創立会員リストの照合調査を行うことがある。創立会員リストが不正確である場合、国際ロータリーから地区ガバナーに連絡が行く。地区ガバナーが不正確なリストを承認した場合には、しかるべき結果を招くことになる。

▲ページ上部へ

創立役員

Charter Officers

創立時のクラブ役員のこと。クラブの役員は、会長、直前会長、会長エレクト、幹事、会計とし、1名または数名の副会長、および会場監督を役員に含めることができる。このうち、会長、直前会長、会長エレクト、副会長、および幹事は、全員理事会のメンバーとする。また、会計および会場監督は、細則の定めるところに従って、理事会のメンバーとすることができる。

▲ページ上部へ

測定可能

Measurable

測定できる結果と影響を残したことを実証するために、データ収集と分析に結びつくような補助金の成果。

▲ページ上部へ

組織規定

Constitutional Documents

RI細則第1条に明記されている3種類の資料、すなわち、国際ロータリー定款、RI細則、標準ロータリークラブ定款。

▲ページ上部へ

ゾーン

Zone

国際ロータリー会長指名委員と国際ロータリー理事指名委員を選挙するために、RI細則が定め、国際ロータリー理事会が編成した、国際ロータリー地区内のクラブ集団。ゾーンはまた研究会開催の基礎ともなる。
1995年改正され、日本は4つのゾーンに分かれていたが、2009年7月1日より3つのゾーンとなった。理事会は、少なくとも8年に1度、ゾーン内のロータリアン数をほぼ等しくするために、ゾーンの構成を総合的に見直すものとする。また必要があれば臨時に見直される。
アジアのゾーン数は7、世界のゾーン数は34となっている。1ゾーン当たりの会員数は約3万5千人である。

▲ページ上部へ

ゾーン研究会

ロータリー研究会を参照のこと。

▲ページ上部へ