25分間の会員調査

The25-Minute Membership Survey

地元で会員にふさわしい人物を知っているか会員に尋ねる調査のことで、会員増強委員長などの進行役がクラブ会員に調査用紙を配布し、ロータリアンとなるにふさわしい職場の同僚、地域社会のリーダー、知人を回答してもらうと25分程度掛かるアンケート。この活動は、新会員を推薦するという責務をロータリアンに思い起こさせると同時に、入会見込み者の貴重なリストを作るためにも有益である。またこの調査は、新会員を積極的に勧誘する上での重要なステップであり、この簡単なプロセスを踏むことで、クラブの会員候補者を挙げることができるだけでなく、職業分類調査や多様性に関する調査の結果と照らし合わせて真に多様性を備えたクラブを築くことができる。

▲ページ上部へ

ニコニコ箱

Smile Box

例会場で会員が自由意思で善意の寄付金を入れる箱。1936年大阪ロータリークラブで初めて実施されたと言われるロータリー特有のもので、会員、家族、事業場等の慶び事、お祝い事をニコニコしながら披露し、喜びを分かち合い、又失敗したり、迷惑をかけたときもユーモアたっぷりに苦笑し、例会を賑わせて親睦を増進し、集まったお金は主として奉仕活動資金に使われる。スマイルボックスとも呼ばれる。

▲ページ上部へ

二重会員

Dual Membership

当該クラブが設ける衛星クラブを除き、複数のクラブにおいて同時に正会員になることはできない。さらに、いかなる人も同一のクラブにおいて、正会員であると同時に名誉会員の資格を保持することはできない。またいかなる人も、クラブの正会員であると同時にローターアクトクラブの会員になることはできない。

▲ページ上部へ

日満ロータリー連合会

1939年7月、国際ロータリーは日満ロータリー連合会の設立を認め、それに伴って、日本は3地区に分割された。
  第70地区 名古屋以東の20クラブ
  第71地区 西日本、台湾の19クラブ
  第72地区 朝鮮、満州の8クラブ
1940年5月、第1回日満ロータリー連合大会が横浜で開催され、会長に米山梅吉が選ばれたが、これが戦前の日本ロータリーの最後の大会となった。
軍部の弾圧による解散に先立って、国際ロータリーから自発的に離脱し、別組織としてその精神性を維持する方法を選ぶべきだとする意見も出て来る中、日満ロータリー連合会は緊急会議を招集して、クラブ存続の決議をしたが、8月8日に静岡ロータリークラブを皮切りに、続々と解散が続いたため、9月4日、日満ロータリー連合会は総会を開催し、国際ロータリーから脱退し、独自の日満連合会を組織することを決定した。

▲ページ上部へ

日本事務局

Rotary International Japan Office

国際ロータリー世界本部と地区及びクラブ間の連絡業務をすると同時に、日本のロータリアンに日本語で質問に答えるという役割を担い、1964年3月ロータリー文献東京事務所が開設、1981年3月に国際ロータリー日本支局と改称、1985年8月現在地に移転し、1995年7月に日本サービス・センターと改称し、さらに2001年7月1日に国際ロータリー日本事務局と改称し、2013年5月27日より奉仕室がクラブ・地区支援室に変更され、現在に至っている。
業務は次の4つに分かれている。
クラブ・地区支援室……国際ロータリーと地区とクラブとの連絡事務、新クラブ申請の受理。
財団室……日本の財団業務全般。
経理室……人頭分担金・ロータリー財団寄付などについて領収書の発行。
資料室……出版物の受注、発送。
事務局長 小林弘明
勤務時間:月~金 午前9時30分~午後5時30分
所在地:〒108-0073 東京都港区三田1-4-28三田国際ビル24F
FAX 03-5439-0405
TEL クラブ・地区支援室 03-5439-5800
   財団室         03-5439-5805
   経理室         03-5439-5803
   資料室         03-5439-5802
  • 国際ロータリーへの払込口座(人頭分担金、比例人頭分担金、ロータリアン誌購読料、資料代など)
    三井住友銀行 新宿通支店 普通預金 6733244
    名義:国際ロータリー日本事務局
  • ロータリー財団への寄付
    三井住友銀行 赤羽支店 普通預金 3978101
    名義:公益財団法人ロータリー日本財団

▲ページ上部へ

日本のロータリーの誕生

Birth of Rotary in Japan

三井銀行の重役であった米山梅吉は1918年1月財政調査団 の一員として渡米し、ダラス・クラブ会員の福島喜三次に会い、初めてロータリーの話しを聞き大いに感動し、帰国後2年余りロータリー精神と組織の研究に努める。
無地区時代:1920年1月、福島喜三次はダラス・クラブから結成の要請を受け、シカゴの本部からも依頼されて帰国。在日米人ウイリアム・ジョンストンの応援を得て、9月1日設立準備会を開き、創立総会は10月20日、創立会員28名、会長米山梅吉、幹事福島喜三次、翌1921年4月1日登録番号855で加盟承認。
正式地区時代:1928年、日本・満州・朝鮮・樺太・千島・台湾で第70地区が設定。クラブ数は日本6、朝鮮1で初代地区ガバナーに米山梅吉が就任した。第二次世界大戦のため1940年9月4日国際ロータリー脱退。戦後1949年3~5月に国際ロータリー復帰。以後発展の一途をたどり戦後50年で世界第二のロータリー国となっている。
現在クラブ数・・・2,281、会員数・・・88,526 人(2014年2月末現在)

▲ページ上部へ

入会金及び会費

Fees and Dues

すべての会員は、細則の定める入会金および年会費を納入しなければならない。ただし、クラブの会員として受け入れられた移籍会員、他クラブに属していた元会員、あるいは本クラブに再入会する本クラブの元会員は、2回目の入会金の納入を義務づけられないものとする。本クラブの会員として受け入れられ、入会の前2年以内にローターアクトとしての会員身分を終了したローターアクターには、入会金の支払いが義務づけられないものとする。

▲ページ上部へ

入会式

Induction Ceremonies

ロータリアンとなる日は、今後長年にわたるロータリーとの関係と輝かしい未来が始まる1日目となる。入会式は、新会員をクラブに迎え入れるための記念すべき意義ある行事である。新会員と配偶者を歓迎するために、クラブ会員の家族を招待し、クラブの全会員に入会式に出席するよう奨励すべきで、正式な入会式の後に、新会員が、クラブ会員の一人ひとりに自己紹介できるよう十分な時間を取ること。

▲ページ上部へ

入会の意義

Significance of Membership

ロータリークラブには入会したいと思っても直ぐに入会できるものではない。会員の誰かが推薦し、会員選挙の手続きを経て、更にクラブ細則に従い会員の同意が必要である。このようにして入会が認められたということは、クラブが真にあなたを必要とし、あなたもそれを承諾したからである。
    その理由は、
  • ロータリーが理想とする奉仕の精神をあなたの業界に広めて頂くのに、クラブはあなたを最適任者と認めたのである。
  • クラブの全会員はあなたの職業的、社会的品行を高く評価し、あなたとの親交を深めることを希望し、それによって自分の知らない知識を得ることも出来、ひいては社会奉仕を更に広め、お互いの人間性も向上していきたいと願っているということである。

▲ページ上部へ

認証

Recognition

寄付者に、感謝のしるしとして、ポール・ハリス・フェローやベネファクターのピン、認証状を贈ること。認証と寄付実績は同じではない。

▲ページ上部へ

認証ポイント

Recognition Point

以前の据え置きクレジット。既にポール・ハリス・フェローになっている人が年次寄付または使途指定寄付をすると、その額がポイントとなり、自分がマルチプル・ポール・ハリス・フェローになったり、他の人にポイントを譲ることができる。2009年7月1日より、認証ポイントの移譲はミニマム100ポイントになった。
さらに2011年10月1日よりミニマムは1ドルとなり、移譲する人は、ポール・ハリス・フェローという条件がなくなった。寄付すると、いきなりポイントがつく。
認証ポイントを例えば500ポイント、新会員に譲り、新会員が500ドルを寄付すると、新会員は、ポール・ハリス・フェローになると同時に、認証ポイントが500ポイントつく。それを、また、別の新会員に譲ることもできる。もちろん家族を指名することもできる。

▲ページ上部へ