年会費

Dues

正会員はそのクラブの細則に定める年会費をクラブに納入する。金額は各クラブ間において一定してはいない。

▲ページ上部へ

年次基金(AF)

Annual Fund

ロータリークラブは、世界中の地域社会で、平和の推進、水と衛生の改善、教育の支援、地元経済の促進、母子の健康改善、疾病の治療・予防といった活動にあたっている。このようなクラブの取り組みを支えているのが年次寄付による基金が年次基金である。

▲ページ上部へ

年次寄付

Annual Giving

「年次」というのは毎年続けるということで、財団プログラムを存続させるための燃料の役割を果たしている。年次寄付は3年後プログラムに使われる。
年次基金へのご寄付はすべて、以下の認証の対象となる。年次寄付を推進する世界マーケッティング計画として、Every Rotarian Every Yearが採択された(2004年5月財団管理委員会)。ひとり一人が、毎年、寄付してほしいという計画である。毎年クラブと地区は、年次寄付の目標額を設定することになっている。年次寄付は使途を指定しない寄付だったが、ロータリー財団グローバル補助金の6つの重点分野を指定しても差し支えない。(2012年1月財団管理委員会決定)
  • Every Rotarian Every Year
  • 「財団の友」会員
  • ポール・ハリス・フェロー
  • ポール・ハリス・ソサエティ
  • メジャードナー
  • アーチC.クランフ・ソサエティ

▲ページ上部へ

年次セミナー

Annual Seminar

各ロータリーセンターは、国際問題や紛争解決に関するセミナーを年1回開催しなければならない。これは平和フェローが研究発表をする機会でもある。オーストラリアとイングランドではポール・ハリス・セミナーと呼ばれている。

▲ページ上部へ

年次報告

Annual Report

ロータリーの会計報告。寄付金がどのように使われたかを知るのによい資料である。毎年1月に直前年度の年次報告が出版され、各クラブに送付される。また、日本事務局に注文することもできる。2012-13年度より国際ロータリーとロータリー財団は連結決算となった。

▲ページ上部へ