最もよく奉仕する者、最も多く報いられる

One profits most who serves best

当初は、OneでなくHeであったが、男性代名詞ということで、Theyとなったが、複数形になったことに違和感を持つ人もいて、2010年規定審議会においてOneと決まり、現在に至っている。
ロータリーの資料その他に用いられる標語で、A.F.シェルドンの創作に成るものである。1989年度の規定審議会で、第2標語とされたが、職業奉仕の根幹をなす標語として重用されなければならない。
元の英文は、He profits most who serves bestで第2標語であった。現在も、Service Above Self(第1標語)と共に国際ロータリークラブ加盟認証状に記載されている。

▲ページ上部へ

元会長審議会

Council of Past President

クラブの会員籍を有する元国際ロータリー会長によって構成される。会長は職権上のメンバーとなり議事に参加するが投票権は持たない。直前会長の前の元会長が議長を、直前会長が副議長を務める。この審議会は、会長または理事会から付託された事項を通信により考察し、これについて理事会に進言し、勧告する。

▲ページ上部へ

元ガバナー(PDG)

Past District Governor

パストガバナーを参照のこと。

▲ページ上部へ

元ロータリアンの団体

Organization of Former Rotarian

交際と親睦を推進し、奉仕における個人的な関心を深める目的で組織された元ロータリアンのグループは、好意的にみなされている。しかし、このようないかなる団体をも後援したり、あるいは正式に認識するものではない。

▲ページ上部へ