ハロルドT.トーマス

Harold T.Thomas 1891~1992

1923年、ロータリアンとなる。ニュージーランド・オークランドロータリークラブ会員。
1959-'60年国際ロータリー会長で、その時のテーマは「VITALIZE….PERSONALIZE….BUILD BRIDGES OF FRIENDSHIP」(生気を与えよ 身につけよ 友愛の橋をかけよ)。著書「ロータリー・モザイク」は、ロータリーにおける奉仕を語るものとして親しまれている。

▲ページ上部へ

半期報告書(SAR)

Semiannual Report

7月と1月の初めに、クラブ会長、幹事、会計、クラブのEメールアドレスに、半期報告種類の電子ファイルが送られる(Eメールアドレスが国際ロータリーに報告されている場合)。また、各クラブ幹事には、印刷した半期報告書類も贈られる(ただし、クラブが半期報告書類を要しで受け取らない設定を行った場合を除く)。クラブは、人頭分担金請求書が正確なものとなるよう、毎年6月1日と12月1日までに、更新した会員リストを国際ロータリーに提出しなければならない。7月または1月の第3週までに半期報告書類を国際ロータリーから受け取っていないクラブは、www.rotary.orgから書類をダウンロードするか、Eメール(data@rotary.org)で要請すべきである。半期報告書類を受け取らなかった場合も、人頭分担金を支払わなければならない。詳しくは、www.rotary.orgの「会費(人頭分担金)」のページを参照のこと。
半期報告の請求書には次の項目が記載されている場合がある。
  • 「ザ・ロータリアン」誌の定期購読料(ロータリー地域雑誌の定期購読料は別に請求される)
  • 保険料(不定額、米国のクラブのみ)
    クラブ会長と幹事は、以下の方法で半期人頭分担金を支払うことができる。
  • ウェブサイト(www.rotary.org)からクレジットカード払い
  • 半期報告書類を添えて小切手または為替払い
  • 電信送金
2015年1月1日より、クラブの納入額を記載した1ページのみの請求書が各クラブに送られる。この請求書は、煩雑な半期報告書類の代わりとなるものである。金額調整のためにクラブで納入額を計算し直す必要はなくなる。新しい請求書に記載される金額は、クラブ幹事が(Rotary.org、Eメール、郵送、ファクスいずれかで)毎年1月1日と7月1日までに報告した会員実数に基づいて計算される。

▲ページ上部へ

バズセッション

Buzz Session

討論の一形式で、多人数が参加する会合において、参加者を小人数グループに分けグループ毎になるべく個人の意見を多く出し合う方法。あとでグループリーダーがそのグループの討論内容を要約発表し、最後に全体討論、または講評が行われるのが普通である。

▲ページ上部へ

罰金

Fine

ロータリーの例会で、会員が何か失敗したとき、罰金としてニコニコ箱に小金を入れてもらうことがあるが、この罰金をファインという。

▲ページ上部へ

バッジ

Badge

例会や大会で用いられる名札のこと。しかし、日本では、襟に着用する小型の徽章(Emblem)もバッジと呼ぶ人もいる。

▲ページ上部へ

バナー

Club Banners

各ロータリークラブ間のバナー、旗、ペナントなどの交換が適切で有益な目的を果たしている。バナーに、クラブの所在地、国、地域を明瞭かつ適切に強く表現することを心掛けつつ、デザインを入念に研究すれば、プログラムの効果を高める機会に恵まれるであろう。

▲ページ上部へ

バランスのとれた奉仕プログラム

A Balanced Service Program

クラブ奉仕、職業奉仕、社会奉仕、国際奉仕、青少年奉仕の全奉仕部門にわたりバランスのとれた奉仕プログラムを行う重要性を認識して、国際ロータリー理事会は、全クラブに対して、五大奉仕部門のバランスを図るため、プログラムの範囲や規模を入念に考慮するよう奨励している。

▲ページ上部へ

パストガバナー(PG)

Past Governor

各地区は、地区内のロータリークラブの会員であるパストガバナー全員によって構成される諮問委員会を設置する。ガバナーは、ガバナーエレクトが、国際協議会で討議され、発表された事項を、協議会後1カ月以内にガバナーとパストガバナーに報告する上で助力する。
パストガバナーの助言または行動により、ガバナーの権限や責務が少しでも損なわれたり、妨げられたりするようなことがあってはならない(ロータリー章典 19.090.2.)。
ガバナーは、拡大活動、次期ガバナーの指導、国際大会の推進、ロータリー情報の提供、援助を必要とするクラブへの直接的支援(クラブ会長とガバナーの招請によりクラブ理事会の特別メンバーとして)において、諮問委員会の援助を仰ぐよう強く奨励されている(ロータリー章典 19.090.1.)。

▲ページ上部へ

パッケージ・グラント

Packaged Grants

パッケージ・グラントは、ロータリークラブと地区が、ロータリー財団の戦略パートナーと協力し、あらかじめ枠組みの設定された活動に参加する機会を提供するものである。その資金は、WF(国際財団活動資金)から全額提供される。そのプロジェクトと活動は、ロータリーの重点分野を支援するものであり、人道的プロジェクト、奨学金、職業研修チーム(VTT)を含めることができる。すべての補助金の申請はオンラインで行う。

▲ページ上部へ